カテゴリー

聖夜 難波1話

【学校 廊下】

鳴子

「街はすっかりクリスマスモードだっていうのに、ここは本当に季節感ないよね」

講義を終えて千葉さんと3人で並んで歩きながら、

鳴子は無機質な校内を面白くなさそうに見回した。

サトコ

「そっか、もうすぐクリスマスか‥」

(講義と訓練に追われて何の計画も立ててないな‥)

公安学校一年目のクリスマス。

それは、室長と恋人になって、初めて過ごす大切なクリスマスだった。

(まさか室長、その日もうっかり仕事なんてことは‥)

千葉

「そういえばイブは、成田教官主催の納会だって噂だよね」

サトコ

「え?」

鳴子

「なにそれ‥!」

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-001

私と鳴子が一斉に振り返り、千葉さんは気圧されたようにちょっと後ずさった。

千葉

「あくまでも噂だけど、全校集会を兼ねてそういう企画があるらしいって聞いたよ」

鳴子

「そんなぁ」

???

「その話、無くなりましたからご安心を」

突然背中越しに声がかかり振り向くと、黒澤さんが立っていた。

サトコ

「黒澤さん!」

鳴子

「それ、確かな情報ですか?」

黒澤

ええ。よりによってイブに納会はないだろうと、かなりみんなから責められていましたから

さすがの成田教官も諦めたようです

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-002

鳴子

「よかった‥!」

(それだけ話題になってたなら、室長も少しは意識してくれてるかな?)

2人で過ごすクリスマスが一歩近づいた気がして、自然と足取りも軽くなった。

【教官室】

講義終了後、私は集めた提出課題を届けに教官室に来ていた。

サトコ

「後藤教官、課題はどこに置けば‥」

後藤

その書類の上にでも置いてくれ

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-003

サトコ

「え、この上に更に積み上げたら大変なことに‥」

後藤

大丈夫だ

私は書類の山の上に注意深く課題を置くと、それが崩れる前にその場を離れた。

黒澤

室長、これはご提案なのですが

イブにみんなでクリスマスパーティーをするというのはいかがでしょうか

サトコ

「!?」

部屋を出て行こうとした瞬間、室内に響いた黒澤さんの声に、私は驚いて立ち止まった。

他の教官たちも、唖然とした表情で黒澤さんを見つめている。

(せっかく納会がなくなったのに、なんでそんな提案するんですか、黒澤さん!)

私はのど元まで出かかった言葉をぐっと飲み込み、室長の反応を待った。

難波

‥無理だな

悪いが、その日はダメだ

黒澤

そうですか‥

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-004

教官たちが一斉にホッとしたのがわかった。

私も心からホッとして、室長に期待の視線を投げる。

(断ってくれたってことは、2人のクリスマス、期待していいのかな‥?)

難波

‥‥‥

顔を上げた室長と目が合ったが、室長の表情からは何の感情も読み取れない。

(室長は忙しいから、イブも仕事が入ってるってだけなのかも‥?)

結局どっちなのか分からず、私はモヤモヤしたまま部屋を後にした。

【廊下】

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-039

ヴーッヴーッ

お辞儀をして教官室のドアを閉めたのと、ポケットの中でスマホが震えたのはほぼ同時だった。

サトコ

「?」

見てみると、室長からLIDEのメッセージが届いている。

『今日、ウチで一緒に飯食うか?』

サトコ

「もちろんです‥!」

ウキウキと返信をしながら、心の片隅で小さな決心をした。

(その時にちゃんと確かめよう、クリスマスのこと‥!)

【難波 マンション】

サトコ

「それにしても今日の黒澤さん、突然びっくりしましたよねー」

簡単ながらも手作りした料理を食べながら、私は何気なく話題をクリスマスに向けた。

難波

ああ、あれな‥

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-006

サトコ

「東雲教官、露骨に『何言ってんの』って顔してましたね」

難波

まあ、年末だし、みんな忙しい時期だからな

<選択してください>

A: そうですよね

サトコ

「そうですよね‥」

難波

普段はプライベートも休みもねぇし、たまにはそういうのもいいとは思うが

何しろ年内最後の週末だし

年末年始に実家に帰りたいヤツにとっては、帳尻合わせのラストチャンスだ

サトコ

「確かに‥」

(って、私が言いたいのはそういうことじゃないんだけどな‥)

難波

そういえば去年の年末もな‥

B: 室長もお忙しいんですよね

(いや‥そういうことではなくて‥)

サトコ

「やっぱり、室長もお忙しいんですよね?」

難波

少なくとも、アイツとパーティーをしてるほど暇じゃないな

だいたい黒澤は、いつも言うことが突拍子すぎだ

サトコ

「それは、まあ‥」

難波

去年の年末もな‥

C: 忙しくなくても、みんなではちょっと

サトコ

「忙しくなくても、みんなではちょっと‥」

難波

ん、そうか?

みんなでといえば、この間、教官みんなで集まったんだが‥

いつの間にか話題はクリスマスから離れていってしまった。

(調査失敗‥刑事なのに、この調査能力のなさって‥)

【キッチン】

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-007

結局なごやかに食事は終わってしまい、私たちはいつも通り、並んで食器の片づけを始めた。

私が洗ったお皿を、室長が隣で次々と拭いていく。

(一緒にご飯を食べて片付けて‥‥)

(何でもないことばかりだけど、こういう普通な感じ、幸せだよね)

室長と一緒に、普通のことを普通にできる幸せ。

恋人同士だからこそ味わえるこの幸せな時間が、時々たまらなく愛おしく感じられる。

(特別なことなんて、望まなくていいのかな‥)

難波

‥そういえば24日だけどな

サトコ

「に、24日ですか!?」

難波

なんだ、何か用事あるのか?

サトコ

「いえ!ないですけど‥」

難波

じゃあ、空けとけよ?

(それってつまり‥クリスマスデート!?)

サトコ

「はい!」

思いがけない展開に、思わず顔がほころぶ。

難波

でもどこ行くかは、直前まで秘密だ

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-009

サトコ

「それは‥室長がプランを考えてくれるってことですか?」

(私のために‥)

最後の言葉を飲み込んで室長を見上げると、室長は私の頭に手を置いて微笑んだ。

難波

その日は、お前にとっては特別な日なんだろ?

サトコ

「室長‥」

(嬉しい!室長、ちゃんとクリスマスのこと気にしてくれてたんだ‥)

【学校 教場】

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-017

サトコ

「おはよう!」

鳴子

「あれ~?なんか今朝は、いつにも増して元気じゃない?」

翌朝、さっそく何かを察知したらしい鳴子が聞いてきた。

サトコ

「そ、そうかな‥?」

(さすがは鳴子‥勘が鋭い‥)

(というより、私が分かりやすく喜び過ぎ?)

鳴子

「昨日もイブの納会がなくなってやけに喜んでたし、もしかしてクリスマスはデート?」

<選択してください>

A: まさか

サトコ

「ま、まさか!」

思わず否定すると、鳴子は私の顔をじっと見つめた。

鳴子

「‥まあ、いいけど。よければサトコも来る?クリスマス合コン」

サトコ

「その日は、友だちと久しぶりに会う約束があって」

鳴子

「そっか‥じゃあ今週末、買い物だけ付き合ってくれない?勝負服買いたいんだ」

B: その前に恋人募集中

サトコ

「そ、その前に恋人募集中だって」

慌てて誤魔化すと、鳴子は疑わしい目を向けた。

鳴子

「どうだかねぇ」

サトコ

「‥‥‥」

鳴子

「だったらサトコも来る?クリスマス合コン」

サトコ

「でも、その日は友だちと久しぶりに会う約束があって」

鳴子

「そっか‥じゃあ今週末、買い物だけ付き合ってくれない?勝負服買いたいんだ」

C: そういう鳴子は?

サトコ

「そ、そういう鳴子はどうなの。鳴子だって、相当喜んでたよ?」

慌てて話題を鳴子に振ると、鳴子は満更でもなさそうに微笑んだ。

鳴子

「だってその日は、勝負のクリスマス合コンだからね」

サトコ

「そうなんだ!」

鳴子

「というわけで、今週末、買い物に付き合ってくれない?勝負服買いたいんだ」

(勝負服か‥私も室長とのデート用に、何か買っておいた方がいいかな)

サトコ

「‥いいよ。ついでに、私の服も選んでくれる?」

鳴子

「任せといて!」

「ってサトコ、服を買うってことは、やっぱりデートなんじゃ‥」

鳴子に顔を覗き込まれた瞬間、タイミングよくチャイムが鳴った。

サトコ

「あ、授業、授業‥」

私が席に着くと、鳴子も仕方なさそうに席に着いた。

(ここからは、気を引き締めて頑張らないと‥!)

【街】

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-011

週末。

約束通り、鳴子と勝負服を探して街に出た。

鳴子

「よかった‥おかげでかわいい服を買えたよ」

サトコ

「私も。選ぶの手伝ってくれてありがとね」

鳴子

「サトコ、すっごく似合ってたよ」

サトコ

「本当に?」

鳴子

「きっと喜んでもらえるね」

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-013

サトコ

「え‥」

(今のって‥?)

戸惑う私ににっこりとほほ笑むと、鳴子は目の前のお店のショーケースに駆け寄った。

鳴子

「あ、このお店かわいい!ちょっと見てもいい?」

(鳴子にはやっぱり敵わないなぁ)

【雑貨店】

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-012

おしゃれな雑貨店の中は、クリスマスグッズで溢れていた。

鳴子

「わあ、本当にかわいいね」

サトコ

「クリスマスカードもいっぱいある!」

(そうだ、室長へのプレゼントにカードをつけよう)

室長の顔を思い浮かべながらカードを選んでいると、それだけで心がウキウキした。

(どれがいいかな。室長にカードを書くなんてちょっと照れくさいけど‥)

(室長は絶対にそういうの書かなそう)

思わずニヤけてしまいそうになり、ハッとなって隣の鳴子を見た。

でも鳴子は、深刻な表情でスマホを見ている。

サトコ

「どうかした?」

鳴子

「‥学校から呼び出し。ごめん、先に戻るね!」

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-014

サトコ

「うん」

鳴子を見送ってから、カードを買って店を出た。

サトコ

「あとは室長へのプレゼント、どうしようかな‥」

【本屋】

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-015

迷った末に、とりあえず本屋の男性誌コーナーで雑誌を広げた。

『クリスマスにもらって嬉しいプレゼント特集』のページを読んでいると、

すぐ脇を不穏な空気が通り抜ける。

サトコ

「!?」

(今のは‥もしや加賀教官!?)

見覚えのある姿に、思わず柱の陰に隠れてしまった。

(こんな姿を見られたら、なんて罵られるか‥!)

柱の陰からそっと辺りの様子をうかがう。

どうやら、加賀教官の姿はもうないようだ。

(危ない、危ない‥)

ゴツッ!

サトコ

「いたっ!」

いきなり後ろから頭を小突かれた。

慌てて雑誌を後ろ手に隠し、振り返る。

サトコ

「か、加賀教官‥!」

加賀

初めて気づいたような声出してんじゃねぇ

挨拶くらいしろ。クズ

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-016

サトコ

「す、すみません‥」

そのまま立ち去るかと思いきや、教官の視線がちらりと動いた。

加賀

くだらねぇもん読みやがって

‥少しはテメェの足りねぇ頭で考えろ

サトコ

「いたっ‥はい!」

もう一度ダメ押しで頭を小突くと、加賀教官は去って行った。

(完全に何を読んでたかバレてた‥でも確かに、加賀教官の言う通りだよね‥)

(知らない誰かの意見を聞くんじゃなくて、私が考えないといけないのは‥)

【寮 自室】

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-017

イブの前夜。

室長から待ちに待った電話が掛かってきた。

難波

どうやら明後日、大雪らしいぞ。明日じゃなくてよかったな

サトコ

「ですね。でも、お天気を気にするってことは‥」

(室内じゃなくて、どこかにお出かけってことだよね?)

私の期待が伝わったように、室長はクッと笑った。

難波

横浜だよ。明日は、横浜に行こうと思ってる

サトコ

「わぁ、楽しみです!」

思わず華やいだ声が出て、室長は満足げに電話を切った。

(横浜なら、イルミネーションも綺麗だろうな‥すごくロマンチックな夜になりそう)

(ホワイトクリスマスもいいかもなんてちょっと思ったけど)

(お出かけデートならやっぱりお天気がいいよね!)

ところが、翌朝。

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b-018

サトコ

「なんで‥?」

「雪が降るのは明日のはずじゃ‥」

窓の外には、一面の銀世界が広がっていた。

サトコ

「‥結構積もってる」

雪空を見上げていると、室長から電話が掛かってきた。

難波

もしもし、サトコ?

参った。道も電車も全部不通だ

to  be  continued

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする