カテゴリー

石神 ヒミツの恋敵編 Good End


【屋上】

加賀

クズが

サトコ

「いたっ!!」

加賀

いちいち真に受けてんじゃねぇ

(またデコピンされたっ‥!)

加賀

それとも‥仕置きを期待していたのか

サトコ

「ま、まさかっ‥してないです!」

加賀

これ以上生意気な口利きやがったら、ただじゃおかねぇからな

サトコ

「は、はい‥」

(あれ、さっきは寂しそうかと思っちゃったけど、気のせいかな‥)

石神

そろそろ返してもらうぞ

サトコ

「!」

突然腕を引かれると、私の前に大きな背中が現れた。

サトコ

「石神、教官‥?」

石神

‥‥‥

石神さんは私を背中に隠すように割って入り、加賀教官の前に立つ。

加賀

飼い主に似て、よくキャンキャン吠える犬だな

少しは使えるクズにしてやったんだ。感謝しやがれ

石神

教官としての職務を全うしただけだろう。偉そうな口を叩くな

加賀

頭の固てぇ真面目なクソ眼鏡に、このクズを飼い慣らせるとは思えねぇ

石神

お前より遥かにマシだ

加賀

‥‥‥

石神

‥‥‥

(何か2人の間に、火花が飛び散ってる気が‥!?)

石神

‥行くぞ

石神さんは私の手を引き、加賀教官に背を向ける。

サトコ

「あ、あの!石神教官!」

加賀

おい、クズ

テメェにはクソ眼鏡班がお似合いだ‥

サトコ

「え‥?」

石神

‥‥‥

加賀教官の言葉を背に受け、石神さんに手を引かれたまま屋上を立ち去った。

【個別教官室】

サトコ

「‥‥‥」

訳も分からず個別教官室に連れられ、戸惑いを覚える。

私はじっと石神さんの言葉を待った。

石神

‥今日付けで、お前は加賀の補佐官を外れてもらう

サトコ

「えっ!?」

突然の辞令に、瞳を瞬かせる。

サトコ

「な、何故ですか!?」

「もしかして、指示を無視して勝手に動いたりしたから‥」

(加賀教官に呆れられちゃったかも)

(そう考えると、さっきの態度も納得できるような‥)

サトコ

「次は誰の補佐官になるんでしょうか‥?」

「‥ハッ!もしかして、そのまま補佐官の任を解かれるなんてことも‥」

石神

落ち着け

お前には加賀の補佐官を外れ、俺の補佐官に戻ってもらう

サトコ

「へ‥?」

(石神さんの補佐官って‥)

サトコ

「えええっ!?」

石神

予想通りの反応だな

サトコ

「だ、だって、加賀教官の元で頑張っていこうって決意していたのに‥」

石神

お前が加賀の補佐官になったのは、期間限定だ

その理由は、加賀の元で動いていたお前が一番分かるんじゃないか?

サトコ

「‥‥‥」

加賀教官の補佐官になってからのことを思い返す。

(石神さんと違う事ばかりで、最初は戸惑っていたけど‥)

加賀教官の元でしか学べないことも、数多くあった。

躓いたときでも、石神さんが距離を置いてくれたおかげで、

自分だけで問題に向き合うことができた。

サトコ

「心が折れそうなことばかりでしたが‥」

「加賀教官の補佐官になれて、良かったと思っています」

「だけど‥」

私は石神さんの瞳を、真っ直ぐ見つめる。

サトコ

「‥石神さんの補佐官に戻れて、嬉しいです」

石神

そうか‥

石神さんはふっと笑みを浮かべると、私を腕の中に閉じ込めた。

石神

おかえり、サトコ

サトコ

「‥ただいま、です」

久しぶりの温もりを感じあい、どちらからともなく唇が近づいて‥

あと数センチで触れるというところで、ピタリと止まった。

サトコ

「‥前にもこんなことがありましたよね?」

石神

ああ‥そんなこともあったな

あの時は、室長が部屋に入ってきたんだったな

サトコ

「‥‥‥」

石神

‥‥‥

私たちは顔を見合わせ、笑いあう。

石神

また今度、‥だな

サトコ

「はい!」

離れていく温もりが少しだけ寂しかったけど‥

それ以上に、石神さんの補佐官に戻れた喜びで、心はずっと温かかった。

ひと通りの引継ぎが終わると、すっかり暗くなっていた。

サトコ

「もうこんな時間なんですね」

石神

そろそろ、上がっていいぞ。お前も色々あって疲れているだろう

サトコ

「石神さんも、上がりですか?」

石神

ああ

石神さんはふと片づけをしている手を止める。

石神

‥サトコ。この後の予定は?

サトコ

「特にありませんよ」

石神

なら、家で夕飯でも食うか

サトコ

「本当ですか!?」

突然のお誘いに、パッと顔を輝かせる。

石神

‥そんなに喜ぶことか?

サトコ

「はい!」

(石神さんの家に行くなんて、いつ振りだろう)

サトコ

「あ、それじゃあ帰りにスーパーに寄って行きませんか?」

石神

そうだな

はやる気持ちを隠せない私に、石神さんは笑みを浮かべた。

【スーパー】

スーパーに着くと、買い物かごを取る。

サトコ

「まずは野菜コーナーに行って‥あっ」

石神

こういうのは男の役目だろう?

石神さんは当たり前のように、私からカゴを引き取った。

サトコ

「ふふ、ありがとうございます」

「石神さんは、何か食べたい物ありますか?」

石神

久しぶりに、和食が食べたい

サトコ

「和食ですか‥」

(煮物や焼き魚もいいし、お漬物もいいよね‥)

サトコ

「‥そうだ!炊き込みご飯なんてどうですか?」

「具沢山の炊き込みご飯って、美味しいですよね」

石神

‥キノコは抜きにしてくれ

石神さんは照れくさそうに、耳を赤らめる。

<選択してください>

A: もちろんです

サトコ

「もちろんです。キノコは抜きますね」

石神

頼む‥

安堵する石神さんに、笑みがこぼれる。

石神

何故、笑っている

サトコ

「すみません。石神さんが可愛くて」

石神

‥‥‥

(あ、耳だけじゃなくて頬まで赤くなってる‥)

石神さんは頬を赤らめたまま眉間にシワを寄せ、視線を逸らした。

B: キノコも沢山入れる

サトコ

「ダメですよ。キノコも沢山入れますね!」

石神

何‥?

サトコ

「キノコって、とっても栄養価が高いんですよ?」

「もちろん、食べやすいように工夫しますから」

石神

‥‥‥

石神さんは眉を顰め、少しだけ残念そうにする。

(栄養バランスのためにも、苦手を克服して欲しいけど‥)

石神さんの様子に、罪悪感が芽生える。

サトコ

「え、えっと‥やっぱり、キノコを入れるのはやめますね」

石神

‥そうしてくれると、助かる

C: 密かにキノコを入れる

(キノコは栄養価が高いし、できれば食べて欲しいけど‥)

(気づかれないように、こっそり入れてみようかな)

石神

‥密かに入れようなど、考えるなよ?

サトコ

「!」

石神

やはり、か‥

サトコ

「‥キノコも美味しいですよ?」

石神

苦手なものは苦手だ

今度は恥ずかしがらずに、きっぱりと言い切る石神さん。

石神

だが‥お前が作ったものは、残さず食べようと思う

沢山入れられるのは、さすがに困るが‥

サトコ

「ふふ、大丈夫ですよ。今回はキノコ抜きにするので」

石神

そうか‥

ほっと息をつく石神さんに、頬が緩んだ。

【石神マンション】

サトコ

「~ ♪」

石神さんの家に着くと、キッチンを借りて料理を始める。

(まずは炊き込みご飯の下ごしらえをして‥)

(それが終わったら、煮物と焼き魚に取り掛かろう)

ちらりと石神さんの様子を見ると、優しい表情の彼と目が合う。

石神

何か手伝うことはないか?

サトコ

「大丈夫です!こういうときくらい、のんびりしてください!」

(やっと事件が終わったんだから、ゆっくり疲れを取って欲しいな‥)

喜んでくれる石神さんを想像すると、自然と料理もはかどってくる。

手際よく調理を進めていくと、いい香りが立ち込めてきた。

(お味噌汁は、スタンダードにお豆腐と油揚げでいいかな)

(あ、小松菜も買ったからおひたしを作ろう)

バランスを考えながら、一品一品仕上げていく。

そして‥

石神

これは‥

石神さんはテーブルに並べられた料理に、目を見張った。

石神

‥今回も豪勢だな

サトコ

「は、はい‥」

(潜入捜査で同棲してた時も、つい作り過ぎちゃったんだよね‥)

(呆れられちゃったかな?)

石神

あの時と同じだな

美味そうだ

サトコ

「!」

柔らかく微笑む石神さんのひと言で、心が軽くなる。

サトコ

「まだまだあるので、たくさん食べてくださいね!」

石神

まだ出て来るのか‥

石神さんは苦笑しながら、手を合わせる。

石神

いただきます

【リビング】

(ふふっ、全部食べてくれて良かった)

あれだけあった料理を、石神さんは残さず食べてくれた。

洗い物を済ませると、ソファで休んでいる石神さんの元へ行く。

サトコ

「石神さん、食後にお茶でも‥」

石神

‥‥‥

(あれ?寝てる‥)

静かな寝息を立てながら横になっている石神さんに、口元が緩む。

サトコ

「お疲れさまです」

毛布を掛け、ソファの前にしゃがむ。

(ふふ、気持ちよさそうに眠ってる)

(寝顔も素敵だな‥)

<選択してください>

A: じっと眺める

(石神さんって、まつ毛長いよね)

(鼻筋が通ってて、顔立ちが整ってるし‥)

顔を眺めているだけなのに、鼓動が早くなる。

(かっこいいだけじゃなくて、仕事に真面目で誰よりも優しくて‥)

(石神さんと付き合えるなんて、私ったら本当に幸せ者だなぁ)

石神

‥見過ぎだ

サトコ

「!?」

石神さんは眼鏡をかけ直しながら、起き上がる。

サトコ

「す、すみません!かっこよくて、つい‥」

石神

‥‥‥

石神さんは頬を赤らめながら、私の手を引いた。

B: キスをする

見入ってしまうほどの、整った顔立ち。

(キス、してもいいかな‥)

そんな衝動に駆られ、ゆっくりと顔を近づける。

サトコ

「ん‥」

唇が石神さんの頬に触れると同時に、頬に熱が上がる。

(自分でやっといてなんだけど‥な、なんだか恥ずかしいかも‥)

石神

‥サトコ

サトコ

「い、石神さん!?起きてたんですか?」

石神

まあ、な‥

石神さんは眼鏡をかけ直しながら、起き上がる。

サトコ

「す、すみません!」

「石神さんを見てたら、その‥カッコよくて、つい‥」

石神

‥‥‥

石神さんは顔を赤らめながら、私の手を引いた。

C: 頬をつつく

(石神さんのほっぺたって、どんな感触がするんだろう?)

ふと、そんな疑問が湧いてくる。

(‥少しだけなら、大丈夫だよね?)

恐る恐る指を伸ばすと、石神さんの頬をつついた。

サトコ

「わぁ‥」

(結構柔らかいかも‥!)

柔らかいと判明すると、今度は引っ張って見たくなる。

(さすがに起きちゃうよね?)

だけど、一度芽生えたイタズラ心は抑えが利かない。

(少しだけ、少しだけ‥)

石神さんの頬に、指が触れそうになった瞬間。

石神

‥人で遊ぶな

サトコ

「!?」

石神さんは眼鏡をかけ直しながら、起き上がる。

サトコ

「す、すみません!石神さんのほっぺたの感触が気になって、つい‥」

「あ、初めはかっこいいなって見てたんですよ!?」

「だけど、その、いたずら心が出たと言いますか‥」

石神

そうか‥

では、俺も仕返しさせてもらう

石神さんは私の手を引くと‥

サトコ

「きゃっ!」

そのまま入れ替わるように、ソファの上に押し倒される。

サトコ

「ん‥」

唇を塞がれ、熱いものが侵入してくる。

吐息さえも絡みとられるようなキスに、くらくらした。

石神

サトコ‥

顔が離れると、石神さんの手が胸元へと伸びる。

サトコ

「ま、待ってください!」

石神

‥‥‥

石神さんは手をピタリと止め、顔をしかめる。

石神

‥嫌か?

サトコ

「違います!」

「そうじゃなくて、その‥」

「捜査で汗臭いので‥お風呂に入りたいです」

石神

フッ

そうだな‥分かった

私の身体を起こしながら、石神さんは言葉を続ける。

石神

一緒に入るか‥?

サトコ

「えっ!?」

薄く微笑む石神さんに、心臓が大きく高鳴った。

【バスルーム】

(温泉も一緒に入ったことはあるけど‥)

身体を洗い、湯船の端の方に浸かる。

以前より明るいせいか、恥ずかしさのあまり石神さんに背を向けていた。

石神

‥狭くないか?

サトコ

「い、いえ!私にはこのくらいがちょうどいいと言いますか‥」

石神

何を言っている‥

サトコ

「っ‥」

引っ張られ、後ろから抱きしめられる。

何も纏っていない身体が密着し、心臓がうるさいほど鳴っていた。

石神

‥初めてじゃないだろう?

サトコ

「そ、そうですけど‥恥ずかしいものは恥ずかしいんです」

石神

今度は開き直りか

サトコ

「だって‥」

石神

フッ‥

石神さんが口を開くたび、吐息が耳元を掠める。

(これじゃ、心臓が持たないよ!)

石神

‥‥‥

サトコ

「‥‥‥」

ふいに会話が途切れ、天井から落ちる水滴の音が響く。

石神

気にしてないつもりだったが‥やっぱり気にしてしまうものだな

サトコ

「え?」

石神

‥お前が加賀とひと晩過ごしたことだ

サトコ

「あ、あれは、その‥」

石神

故意でないことはもちろん分かってる

頭では分かっているんだが‥心のどこかで、ずっと引っかかっていた

私に回された腕に、力が込められる。

石神

お前にはもっと成長して欲しいし

どこに出しても恥ずかしくない刑事になって欲しいと思っている

だが‥男として、お前の異変に気付けなかったのは正直堪えた

倒れた時に傍にいたのが俺だったらと‥何度も思ったんだ

(そんな風に思ってくれていたなんて‥)

驚きと共に、温かな感情が心に広がる。

石神

俺だって男だ。大切な女を取られたくはない‥

サトコ

「っ‥」

石神さんが私の首元に顔を埋めると、ピリッとした感覚が走った。

(あ‥)

鏡に見える私の首元には、赤い痕がついている。

少し恥ずかしくもあるが、石神さんに愛されている証のようで、嬉しくもある。

(‥石神さんは私の成長のために、気持ちを出さないようにしてくれていたんだ)

石神さんの優しさに触れ、胸がいっぱいになった。

サトコ

「石神さん‥ありがとうございます」

私は振り返ると、石神さんの首に腕を回した。

石神

‥もう、自由にお前に触れられるな

ニヤリと笑みを浮かべ、石神さんは私を抱き直す。

サトコ

「んっ‥」

それは、どちらからともなく、引き寄せられるようなキス。

離れていた時間を埋めるように、お互いの愛情を深く注いだ。


【学校 校門】

数日後。

学校が再開し、すっかり教官も訓練生たちも日常を取り戻していた。

(今日は石神さんの講義があるから、早めに準備を‥)

サトコ

「あ、石神教官!」

1日の段取りを考えていると、石神さんが寮監室から出てきた。

サトコ

「おはようございます」

石神

ああ

サトコ

「今日の講義で使う資料ですが‥」

鳴子

「サトコ~!」

そこに、鳴子が私の元へやってきた。

鳴子

「石神教官も一緒だったんですね。おはようございます」

石神

ああ

サトコ

「どうしたの?」

鳴子

「サトコ宛てに手紙が来てたよ」

鳴子から渡された封筒には、一部に厚みがあった。

(何が入ってるんだろう?)

鳴子

「差出人がないけど‥ラブレターかな?」

サトコ

「そ、そんなわけないでしょ」

鳴子

「開けてみないと分からないじゃない」

「ほら、早く早く♪」

(もう、鳴子ったら)

苦笑しながら、封を切る。

サトコ

「え‥?」

鳴子

「手紙は?入ってないの?」

サトコ

「う、うん‥これしか入ってないみたい」

鳴子

「何それ?どんぐり?」

「せっかくサトコにモテ期が来た!って思ってたのにイタズラか。残念‥」

「それにしても、なんでどんぐりなんだろう?」

(どんぐりと言えば、この前の事件に深く関わっていたけど‥)

(何かの偶然だよね‥?)

藤田は逮捕され、すでに事件は解決しているはずだ。

サトコ

「うん‥」

石神

‥‥‥

首を傾げる私の横で、石神さんが顔をしかめていた。

サトコ

「とりあえず、部屋に置いてくるね」

私は踵を返すと、自分の部屋へ戻る。

それから講義に追われるうちに、差出人不明の手紙のことは忘れていった。

‥この時はまだ、気付いていなかったのだ。

どんぐりに込められた意味にも、その場に立ち尽くしていた石神さんの想いにも‥

Happy End


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする